サブリースは空室リスクを回避できます

サブリース契約では専門家である不動産管理会社に賃貸物件の管理を任せるので、空室となるリスクを回避できます。

賃貸物件の管理を任せるのであれば、集客力や宣伝力が優れた不動産管理会社を選ぶとよいでしょう。サブリースは普通借家契約によって賃貸物件の管理を不動産管理会社に任せて、毎月安定した家賃収入を得ることができます。基本的に空室率の増減に関わらず毎月一定の家賃が支払われるという特徴があります。ただし普通借家契約では借主の権利が守られており、家賃の減額請求権が認められているので注意が必要です。不動産管理会社はオーナーから賃貸物件を一括して借り上げ、入居者に転貸しています。空室率が上がっても不動産管理会社はオーナーに対して一定額の家賃を支払うのが基本です。

そのためサブリースは家賃保証や空室保証などと呼ばれることもありますが、状況の変化によって減額請求されることもあります。借地借家法では普通借家契約の借主に不利な条件は無効とされており、賃料の減額請求権が認められています。契約に減額請求ができないという条項を盛り込んでも、法的には無効なので注意が必要です。不動産管理会社はオーナーに支払う賃料と、入居者から受け取る転借料の差額を利益としています。空室が増えると損失が発生するので、家賃の減額が請求されることがあります。サブリース契約を締結すれば基本的にオーナーは空室のリスクを回避することができます。ただし間接的に空室のリスクを負うことになるため、集客力や宣伝力の優れた不動産管理会社を選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *