サブリースはうまく活用すれば重宝します

一括借り上げで空室があってもその分まで含めて、毎月一定額の家賃をマンション経営を行っているオーナーや不動産投資家に支払ってくれるサブリースは、さまざまなトラブルが発生していて社会問題になっています。

契約期間内にも関わらず家賃減額の依頼があったり、必要以上に補修やリフォームを強要される事もあり不動産オーナーたちは利用するのに不安な気持ちになってしまいます。これにはさまざまな原因があるのですが、最大のポイントはサブリース業者が登録制になっていなく、法的な整備が不十分な事です。ほとんどのサブリース会社は不動産業にも精通していて、媒介や代理なども手掛けていますので無理難題を押し付けてくるケースは少ないのですが、中には少し不安に感じる企業も見うけられます。

通常の不動産の賃貸取引については免許が必要な制度になっており、免許を受ける際にも厳しい審査もありますし取引に際しては営業保証金保全などの買主や借主の利益を保護する仕組みが作られています。賃貸であっても契約の前段階で、資格者が契約更新や解除から家賃の変更や免責期間などを書面で説明する事が義務化されていますので、納得してから契約する手法が確立されています。サブリースはうまく活用すればオーナーや投資家にはメリットがある仕組みなのですが、運用の部分で仕組みが不十分なのでさまざまなトラブルが発生したりして、利用者が安心して活用するのを躊躇させているのは残念です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *