サブリース契約の様々なメリットとは

サブリース契約では複数の部屋があるアパートなどを不動産管理会社が一括して借り上げて、転貸を行う仕組みです。

不動産管理会社が建物全体を借り上げるので、転貸部分の空室や賃料の変動について直接的にオーナーが影響を受けることがありません。基本的に不動産会社から一定額の賃料が支払われることになっており、家賃保証や空室保証などと呼ばれることもあります。サブリース契約は一種の転貸契約なので、不動産管理会社の利益は各戸から受け取る賃料総額とオーナーに支払う賃料の差額部分です。不動産管理会社がオーナーに支払う賃料は一定ですが、各戸から受け取る賃料は空室の発生によって減ります。各戸が満室の場合は不動産管理会社に利益が発生しますが、空室が多くなり過ぎるとオーナーへの支払い額が超過してしまいます。

サブリースは普通借家契約なので、不動産管理会社には借地借家法によって賃料の減額請求権が認められます。家賃や空室が保証されていても、状況が変化すれば減額請求を受ける可能性があります。この点を理解した上で信頼できる不動産会社と契約を結べば、効率的に不動産を運営することができます。サブリース契約を締結すれば、オーナーは各戸の入居者と個別に賃貸借契約を締結する手間が省けます。悪質な入居者が入った場合の責任や賃料不払いに対する督促、クレーム対応などは全て管理会社が引き受けてくれます。オーナーは直接不動産の運営に関与する必要がないので、知識や経験がなくても大丈夫です。物件が遠方にある場合にも効率的に運営することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *