中古マンションの耐震性を知っておこう

地震が多い時期ですが、一番恐ろしいのは建物が倒壊することではないでしょうか。

もちろんギシギシガタガタ音を建てながら揺れること自体もどこか恐怖感を植え付けるに十分な音です。地震は家を出ている昼間に来るとは限らず寝ている時間に来ることもあります。住宅を購入する時にはその点も考えて購入する人こそが危機管理能力があると言えます。中古マンションを購入する場合には、そのマンションの耐震が気になるところです。数年前ニュースになった耐震偽造マンションなどは別にすれば、最近のマンションは耐震についてはかなり重要視されています。

この耐震という言葉以外にも免震という言葉を聞いたことがある人も多いのではないかと思います。耐震と免震の違いは、激しい揺れに耐える造りにするか。それとも根本的に激しく揺れない造りにするかです。築浅の中古マンションであれば、免震設計になっていることが多いのですが、免震設計のマンションには基礎と建物の間に表層ゴムというクッションが入っています。

大きな揺れが来てもその表層ゴムが揺れを吸収するため建物は揺れるものの、激しく揺れることはなく、どちらかというとゆっくりとした横揺れになります。免震設計が注目されているのは、耐震設計と違って揺れを吸収するため、家の中にある家具や本棚などの重たいものが倒れる心配がないと言うメリットがあるのです。もし、中古マンションを選ぶ場合には耐震設計なのか免震設計なのかを調べてみるとよいかもしれませんね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *