中古マンションを選ぶ際のポイントとは

不動産市場の回復に伴って地価の上昇が見られるようになり、新築マンションもその値段を上げつつあります。

そのためにコストを抑えることから、建材や建具に比較的安価なものが利用されるケースも増えてきています。中古マンションの魅力のひとつは、その建具などにこだわりを持つものが存在するということです。今ではあまり見ることのできない重厚な雰囲気を持つ中古マンションも見られます。もちろん価格も安いことから、条件の良い物件が物色されるようになっています。ここでチェックしておきたいことは、建物の耐震性や配管などの状態です。

リフォームによって一見綺麗に見える中古マンションも、築年数が古くなれば配管や排水管もかなり劣化しているものです。毎日使用するものなので、そこにも手入れがなされているかを調べることは大切なこととなります。配管であれば、ライニング加工を施すことによって比較的簡単に補修することができます。また排水管はマンションの管理において、定期的に高圧洗浄によって手入れがなされているかが大事なポイントとなります。

また建物全体の修繕計画がどのように立てられているのかを調べることも大切です。それと共に予算がきちんと確保されているかもチェックします。もし予算が無いとしたら、入居した後に修繕費が値上がりすることも考えられます。また管理組合がしっかりと機能して活動しているかも知っておくことが大切です。管理会社に任せきりにしないことが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *