中古マンションの管理会社選び

中古マンションを取得すれば、管理会社を選ぶことが必要になることもあります。

管理会社選びには様々なポイントがあります。その一つが客付能力です。客付能力とは、入居者を募集する能力のことを指します。客付能力というのは、入居者を募集する能力のことを指します。中古マンションを運営するにあたって、入居者の確保は最も大事なことの一つです。それを管理会社に任せることになりますから、客付能力の高い管理会社を選ぶことは必要なことの一つです。

また、最近ではインターネットで部屋探しをする人が多くなってきていますから、インターネットへの情報掲載がなされているのかどうかをチェックしておくことも必要でしょう。管理会社を選ぶポイントの一つが入居者への対応です。集金業務だけではなくて、問い合わせを受けたり、あるいはトラブルへの対応、クレーム対応などもサポートしてくれるのが一般的です。管理会社にはこのような日々の業務を任せることになります。

そして、もうひとつのポイントは管理コストです。客付けや入居者管理のサービスも重要ですが、それに対してどれくらいのコストが発生するのかも大事なポイントの一つだと考えられます。管理コストはそれぞれで異なりますが、月額の賃料収入の5%から8%くらいになると考えられます。サービス自体にも違いがありますから管理コストも違いが生じます。また、中古マンションの空室リスクに対応するため、滞納保証をつけることもあります。この場合には更にコストが高くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *