中古マンションの取得に必要な資金

中古マンションを取得するためには、もちろんですが資金が必要となります。

中古マンションを取得するときには金融機関が融資を行ってくれることが多いですから、全額を用意しなくても良いです。実際には売買価格の1割は必要だと考えられます。たとえば、2000万円の物件を取得するのなら200万円は手元資金として準備しておかなければなりません。できることなら3割くらいの資金がある方が良いです。融資を受けやすい物件というのは、まず土地が広い物件です。

金融機関は建物はあまり評価しません。どちらかというと土地を重視します。建物は劣化するために、時間とともに価値が剥落していくからでしょう。土地も価値は変動しますが、時間で価値がハゲるものではありませんから、担保としては優れています。土地の広い物件のほうが融資を受けやすい傾向はあります。また、借りる人についての基準もあります。お金にルーズな人には融資を行わないのは当然のことだと言えるでしょう。

過去に延滞したことのある人などの場合には、融資を受けられない可能性もありますから注意が必要です。中古マンションを取得するためには、ローンの審査が最も重要だと言われることもあるくらいで、そのためにはきちんと対応していくことが必要です。申し込みをするときには身なりや言葉遣いにも注意して、好印象を与えることは必要なことの一つだと考えられます。また、最低限の不動産の知識は持っておくべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *