中古マンションの住宅ローンに通るためのコツを解説

中古マンションでも、新築の場合と同様に、住宅ローンを組むことになります。

住宅ローンの審査や手続きについては、基本的には新築の場合と変わりありません。注意すべき点としては、中古マンションの場合は、築年数や耐久度に応じて、借入できる年数が少なくなることがあることです。新築では最長35年ですが、中古の場合はもっと短くなる場合があるので、35年の住宅ローンを組もうとしている人は、審査の結果、25年までしか借入ができず、負担が増えてしまうということもあるので注意が必要です。

中古マンションの住宅ローンのメリットには、新築に比べると借入金額が少なくなる傾向があるので、新築に比べると年収が低くても審査に通り安い傾向がある、借入のリスクが減ることなどがあります。新築マンションは、年月の経過とともに急激に価値が下落していくので、万が一住宅ローンが払えなくなった時に、マンションを売却して返済にあてても、売却額が住宅ローン債務よりも大きく下回り、マイホームを失うとともに多額の借金を抱えてしまうというリスクがあります。中古マンションでは、新築に比べると価値の下落は小さい傾向があるので、そのようなリスクは減らすことができます。

しかし、それでも万が一のことを考えて、頭金を1割から2割程度は入れておくなどの、リスク対策は必要でしょう。中古マンションは、平均すると、築10年以下では新築の8割程度、築15年以上では新築の5割程度の値段で購入できるとされています。そのため、年収が低くても、借入金額が少ないために、返済負担率が下がるので、新築よりは審査で有利になります。しかし、いくら返済能力があると認められても、過去にクレジットカードやローンの支払いで延滞したことがあると、人間的な信用度が下がるので、普段からこういった支払いには気をつけておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *