大規模修繕工事で必要になる費用について

マンションは竣工したときから劣化が始まります。

どのような高級マンションでも劣化を避けることはできません。建物を劣化から守り、快適な状態を維持するには定期的な大規模修繕工事が必要になります。大規模修繕工事は定期的に建物の診断を行った上で、計画的に実施されるのが通常です。実際には外壁や屋上の防水などの修繕を中心として2か月から3か月ほどかけて行われることになります。大規模修繕工事の期間は2か月から3か月が一般的ですが、50戸以上のマンションだと3か月以上かかるケースも見られます。分譲マンションの平均的な耐用年数は50年から60年ほどです。

大規模修繕工事を行うことで新築時の状態に回復できるだけでなく、建物の資産価値を向上させることができます。工事の費用は一般的に1戸あたり100万円が目安とされています。実際の費用は建物の状況によって1戸あたり75万円から125万円と幅があります。6階建で50戸のマンションの場合は、3750万円から6250万円が費用の相場です。

具体的な工事の内容によって金額は変化します。大体の費用を前もって把握しておくと計画が立てやすくなります。大規模修繕工事の費用は建物ごとに異なりますが、多い場合は1億円を超えるケースも存在します。一方で少ない場合は100万円以下で済むケースもあります。1000万円以下で足りる場合は、戸数が少なく工事範囲を限定していると考えることができます。工事箇所は回数を重ねるほど増えるので計画的に予算を確保することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *